緊急危険回避のブレーキ操作について

 

緊急危険回避のブレーキ操作は、繊細さが求められます。

 

・フルブレーキ中は(当然)曲がりません。

・曲がる最中に強くブレーキを掛けると滑ります。

・ブレーキと曲げる為のグリップの合計が、タイヤの許容範囲を超えない様に調整します。

以上の3点を御記憶下さい。

 

危険を認識 → ブレーキ or ハンドル操作 or ブレーキ>ハンドル操作 or ブレーキ<ハンドル操作 の何れかを瞬時に判断して使い分けます。

フルブレーキ操作から曲げる際にはブレーキを握る力を緩める必要があります。

 

ロードバイクはブレーキの効きが悪い乗り物だと思います、車間距離を十分に確保してゆっくり走りましょう。