ボトムブラケットについて

昨今、ロードバイクのボトムブラケット規格乱立についての不平不満が募る方も多いと思います。

諸悪?の根源はキャノンデールだと思います。独自BB規格と純正クランクセットによって、軽量高剛性の理想に向かう心意気は素晴らしかったと思います。

著名な例では、LOOKやスペシャライズドのフレームは自社製クランクセットとの相性が良く、これならアリだな〜と感じさせられます。その他大勢のブランドだって資金が有れば作りたい筈です、しかもモノマネは大嫌いですから独自規格になってしまいます。

(モジュールでハンドルバーとステムを用意しているブランドが存在しますが、もしその設計思想に共感するなら、折角なので全て揃えて見て下さい。商品に込められたメッセージがより濃く伝わってくるでしょう。そのメッセージとは情緒的なモノではありません。)

月日が経ち、この流行の行き着く先は『永遠の混沌』としか考えられません。競技機材としてニューモデルを追いかけるなら諦めが肝心だと感じます、仕方が無いのです。

きしみ音や回転が渋い等の不満への対処療法のレパートリーも増えました。しかし次々と新型BBやクランクが発売される現在〜未来において対策の停滞は許されません。

 

私の結論

『BB規格乱立は仕様が無いので諦める、愚痴は言わない。より滑らかな回転・音鳴り解消の対策を、追い求め続けるのみ。』

・・・・・・以上。