チューブレスタイヤのススメ

 

以下の条件に当てはまるお客様にはロードチューブレスタイヤをおすすめしていました(過去形)

・最近始めたのでチューブラーなんて知らない。
・アルテグラのホイールを持ってる。
・自転車屋の近くに住んでる。

 

個人的には10年前からStan’s No Tubesのリムで普通のタイヤをチューブレス状態で乗っていましたし、お客様が使用していても問題有りませんでした。

WH-9000 TLにハッチンソン インテンシブ チューブレスの組み合わせで1シーズン過ごした事も有ります。シーラントを入れていたのですがパンク0回でした。

最近は、スパイクタイヤをチューブレス状態にしていたお客様もいらっしゃいます。

最近のチューブレス・チューブレスレディは簡単に装着できる様になりました、シマノとIRCの組み合わせなら絶対に大丈夫です。

 

という事で・・・・・・

今後は、行きつけの自転車屋の近くに住んでいない場合でもお勧めします!

 

取り扱いに難が有るとして、そのデメリットを上回るメリットが有るのか否か?

有ると思います。

例えばロードバイクで走行中に未舗装の区間に遭遇した場合、チューブラータイヤの場合はあまり失速せずに進んでいきます。
クリンチャーの場合には太めのタイヤだとしてもあからさまに失速します。
チューブレスはチューブラー並みです。

舗装路にも微小な凹凸やうねりがありますが、その度に微妙に失速しているとしたら如何でしょう?

とても練習に良いと思います。もとい、とても損していると思います。

 

という事で、アルテグラのホイールを履いていて、タイヤが交換時期の方には、チューブレスタイヤを強くお勧めします。

初回の取り付けを御依頼頂き作業を御覧になれば、次回以降はご自分でできると思います。

 

御予約頂ければ作業見学が可能です、是非ご利用下さいませ。