クリンチャータイヤの幅

クリンチャータイヤの幅を25mmにするのか、23mmのままで行くのか悩んでいる方も多いと思います。どちらを選択するのがベターでしょうか?

メーカーによって違いがあります。あるメーカーは25mmが良いが、別のメーカーは23mmの方が良い場合があります。つまりバラバラだという事です。

ミシュランとコンチネンタルについて、其々その場で25mmと23mmを履き替えて試した事がありますが、結果は異なりました。両事例共に2名で試しましたが良いと感じたのは同じ幅でした。どっち付かずとか、判り辛いとかは無く、明確に差が体感出来ました。パナレーサーやハッチンソンの25c、スペシャライズドの26cも試していますが、その場で履き替えて比較テスト迄はしていません。

言い忘れていましたが、25mmがフレームやキャリパーに接触してしまうので使えない場合もあります。

バイクによって違うのか?ホイールによって違うのか?傾向と対策を考察するには事例が少な過ぎます。自転車に関して言えば、予想を(良くも悪くも)裏切られる事が多いとも感じます。

 

私の結論

『今のところは試してみるしかない。両方買ってみる。リザルトに影響するかも知れない程度の違いは絶対ある。』(※仮定のハナシ『コンチのGP4000Sなら25mmが、その他は全部23mmがベター』)

フレームやホイールなら買って試すには高価ですが、タイヤなら・・・・・・。