アルミスポークホイールのテンション低下について

 

アルミスポークホイールのテンション低下に無関心な方が多いと思います。

 

ディープリムにステンレススポークでは感じられない程の剛性感が魅力的なアルミリム・アルミスポークホイールですが、スポークテンションが緩んだまま使用している方が散見されます。

私の経験上ですが、どうしても緩んでくる様です。

シャマルやレーシングやキシリウムの上級モデルを選んだ理由は剛性感重視だと想像されるのですが、緩んだスポークでは新品時の性能は得られません。

 

テンション調整すると蘇りますよ、オススメです。

 

調整工賃は¥3.200~¥4.300位(1本)です。